ドリームクラブとか色々と

昨日は10時くらいに寝てしまった。

やっぱし疲れてたのか・・・・。 1時頃に起きたけどさ(^^;)

SO4の隠しステージ敵強すぎて、思わずワロタw

回復役のサラが戦闘始まって5秒ぐらいで死んだ事あったしw

こりゃー、ちょっとレベル上げを考えないかんな(^^;)


そういや「とらドラ・P」の情報がちょこっと出てるけど、

あえて書かんわ。 べ、別にめんどいワケじゃないんだからねっ!(笑)

リンク貼ってく↓

「とらドラ・ポータブル!」,ミニゲーム「爆走!手乗りタイガー」や新着イベントCGを紹介

そういや、東方の最新作も発表されたじゃないか!

こ、これもリンク貼っとく!!↓

東方最新作「東方星蓮船」発表。例大祭にて体験版を配布
記念すべき東方Project第12弾 東方星蓮船
画像



こないだ書いたドリームクラブの事がちょっと出てたから、

また載せとく、こっから長めのコピペ

リンク→お好みのホストガールとごゆるりとした時間を! ようこそ、『ドリームクラブ』へ☆
-----------------------------------------------------

☆ お店でできること ☆
1、楽しく会話・楽しくお酒

 女の子と楽しくお酒を飲めることも『ドリームクラブ』の魅力の1つ。本作には、IIS(インタラクティブ飲酒システム)が搭載されている。これは、ゲーム上でで可能な限りリアルにお酒を飲み、ほろ酔い気分を味わえるシステムだ。
画像
画像

 プレイヤーの前には自分のグラスがあり、それを傾けて飲んでいくことになる。ホストガールにもそれぞれに個性が有り、適宜お酒を飲んでいくのだが、プレイヤーの飲酒量によって微妙な影響を受けるようだ。自分も女の子も一定以上を飲めば、ほろ酔い状態になり、普通の状態とは異なった反応や会話をする。

2、飲み物やおつまみをオーダー

 店にはいろんなメニューがそろっている。お酒やおつまみをたくさんオーダーしたら、ホストガールも喜ぶかもしれない。また、特定のおつまみには楽しいゲームタイムがついてくるかも!?

3、カラオケで盛り上がろう!

 ホストガールと親密になると、ステージ上でカラオケをお願いできる。ホストガールは1人に1曲づつ得意な持ち歌があり、ノリのいいステージを見せてくれる。また、他のホストガールの曲も歌ってくれるかもしれない。
画像

4、心のこもったプレゼント

 店が開店している週末以外に街でショッピングをすれば、ホストガールへプレゼントを購入することができる。女の子に喜んでもらえるプレゼントができるかは、洞察力と情報収集能力にかかっている。

5、コスチュームを楽しもう

 たまに“コスプレウィーク”なるイベントが発生し、ホストガールがいつもとは違う衣装で登場する。そんな時は、ここぞとばかりカラオケのお願いをしよう。いつもとは違った雰囲気を味わえる。

画像

6、ホストガールをチェック!

 ホストガールたちをプレイヤーの視点から見ることも可能。しかし、ほどほどにしておくのが大人のマナーというものだ。


☆ 平日にできること ☆

 平日にはアルバイトでお金を稼いだり、プレゼントを購入したり、メールを確認することができる。以下に、それらについて掲載する。
画像
画像

1、ショッピング

 女の子へのプレゼントを購入するために街に出かける。プレゼントは女の子へあげると好感度が上がるが、上がり方は相手と物の組み合わせで変化するようだ。プレゼントの中にはシナリオの分岐にかかわるものがあり、誕生日情報を得た場合は誕生日用のプレゼントが一定期間街に並ぶ。

2、アルバイト

 プレイヤーが、“DREAM C CLUB”に通うためには、お金を稼ぐことが必要。平日の自宅からアルバイトを選択することで所持金を増やすことができる。アルバイトには種類があり、必要となる日数と得られる収入が変化する。なお“派遣”と“謎のお仕事”を選択した場合は週末を含むため、期間内にお店に行けなくなる。

3、メールを見る

女の子や店からのメールを確認できる。

4、何もしない

 何もせずに週末になる。

5、デートに行く

 ホストガールとデートの約束をした後の平日では、デートに行くことに。その際、メールの確認は可能だが、アルバイトとショッピングはできないので注意が必要だ。

----------------------------------------------------

むむむ、これはちょっとやってみたいかも(*´ω`)

しっかし、D3はいつからこんな会社になったんだ(笑)

昔は地球防衛軍とかお姉チャンバラとかだったのに・・・。

買収でもされたんかな?(^^;)

まぁいいさ、オタクの俺としてはこうゆうゲームもアリだから(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック